大阪・新宿にてゲイとの出会いを待つ

大阪・新宿でゲイとの出会いの感覚を維持する
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 現在は天国だった新宿の出会い | main | 大阪のゲイのタルトは美味しそう >>

新宿で出会いがあり偶然影響を受ける

0

     


    なんて個人的な感慨は置いといて(#^.^#)、

    新宿出会い

    これから出勤の皆さん気を付けてお出掛けください(^o^ゞ

    『 偶然か?必然か?の4月28日 』 


    写真を表示新宿で出会い
    『Song For Bob Dylan 』新宿で出会い
    デヴィッド・ボウイ(1971)

    これは
    ボウイもボブ・ディランの影響を受けていたことを示すナンバー。


    そんなボウイよりちょっと先輩であるディランの、
    2年振り来日公演最終日である
    4月28日の横浜公演チケットをゲットすることができた(^^)d


    その4月28日で思い出したのは、
    去年のポール・マッカートニー来日公演最終日であった49年振り武道館公演も4月28日だったということ。


    この日は個人的に
    「ロックの日」に制定しようかと思う(#^.^#)
    『 充分与えてもらってるけど 』 


    写真を表示新宿で出会い
    『I Can't Give Everything Away 』
    デヴィッド・ボウイ(2016)


    ここ毎日繰返しボウイを聴いているうちに、新宿で出会い
    確か5〜6年前だったと思うけど
    作家の奥田英郎さんのこんな発言を思い出した。

    「多くのロックスターも段々高齢を迎え、終わりのカウントダウンが始まりつつあります。私達はそれを覚悟しなければなりません」

     

    『すべてを与えることはできない』

    涙なくして聴くことができない
    ボウイからのこの最後のメッセージとともに、
    奥田さんの発言も実感として受け入れなければならないのかなと(ノ_<。)

     

    でも、新宿で出会い
    これからも残してくれた作品を聴き続けていくわけだから、まだまだ与えてもらいますよ(^^;)ゞ

    『 『Blackstar 』 』 

    新宿で出会い
    写真を表示
    『Blackstar 』David Bowie (2016)

    遺作になってしまったこのアルバムを
    聴いてみて
    1969年リリースの名曲「Space Oddity 」をアルバム一枚として進化させた感覚を持った。

     

    新宿 | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする